スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーによる面談のご案内

| お知らせ コロナ(その他)

福井高校では、教員以外の専門家による相談体制を整えております。この度の事態により家計急変でお困りのこと、その他ご不安等ございましたら是非ともご相談ください。ご希望される場合は各担当者へお電話ください。

(1)スクールカウンセラー
第1回目:4月23日(木)11:00~16:00
面談希望の場合 → 担当:秋鹿(保健室)、鬼頭(2年学年室)へ電話してください。
*生徒でも保護者でも利用できます。誰が連絡しても構いません。

(2)スクールソーシャルワーカー
第1回目:5月7日(木)10:00~16:00
面談・相談希望の場合 → 担当:星谷(相談室)、太田(1F職員室)
*SSWは当日、(面談等なければ)電話でのご相談も可能です。

●スクールカウンセラー(SC)とスクールソーシャルワーカーのちがい

「心のケア」と「環境の整備」:スクールカウンセラーは悩んでいる生徒(保護者)の心のケアをするのが仕事ですが、ソーシャルワーカーは悩んでいる生徒(家庭)の福祉面の環境を整えるサポートをするのが仕事です。
「スクールカウンセラー」のメインの仕事は相談内容に応じて「生徒や保護者の話を聞いて本音を引き出しながら、心の問題を整理するのを手伝う」ということになります。家庭でのトラブルや親子間の気持ちのすれ違いが発生している場合には、じっくり話を聞きながらその原因をさぐります。
一方、「ソーシャルワーカー」のメインの仕事は、「子どもや保護者の話を聞いて状況を整理しながら、場合によっては経済的な状況のことも踏まえた上で福祉の制度で利用できるものを一緒に考える」ということになります。貧困家庭であれば生活保護を受けることをすすめたり、親が病気であればヘルパーに家事を手伝ってもらうことをすすめたりすることで、環境を整えることを手助けするのです。
参考:「キャリアガーデン」HP