「第13回総合学科教育研究大会」が開催されました

| 学校 その他

「第13回大阪府高等学校総合学科教育研究大会~多様な学びを力に変えて未知なる社会での躍動を!!~」が開催されました。

今年度は大阪府立今宮高等学校で開催され、今までの舞台での発表ではなく、ポスターセッション形式でプレゼンが行われました。

福井高校は3年生の「ドリカムテイクオフ(課題研究)」の代表者がプレゼンを行いました。この生徒のテーマは「虐待を減らすために私たちができることは何か」です。夏休みには専門家へのインタビューを行い、また自ら勉強会を開催するなど意欲的に課題研究に取り組んできた生徒です。プレゼンも自分の言葉でしっかり思いを伝えており、素晴しいプレゼンになりました。聞いてくださった方々も頷きながら聞き入ってくださいました。