り患者が発生した場合の学校の対応について

| コロナ関連情報

生徒・保護者のみなさま

新型コロナウィルス感染症による「り患者(陽性者)」が生じた場合、学校は府教育庁等と連携しながら、次を原則に対応しております。

1 「り患者発生」の情報が入り次第、「濃厚接触者」の特定を行い、「臨時休業(全校休校、学年閉鎖、学級閉鎖)」が必要な場合には、一斉メールでお知らせしますとともにすみやかに実施します(在校時なら授業等は打ち切り)。

2 「休業期間」は原則3日間ですが、延長することがあります。延長する場合には一斉メールでお知らせします。

3 「濃厚接触者」には個別に連絡します(濃厚接触者等について、保健所から求められた場合には、大阪府個人情報保護条例に基づき、お名前・連絡先等を提供することがあります。ご了承ください)。

4 種々ご心配なことがあると存じますが、り患された方や濃厚接触者の個人情報にあたることや、個人を特定することができる内容についてはお答えできません。発熱等の症状や、何等かご不安なことなどございましたら、学校にご連絡いただきますとともに「かかりつけ医」にご相談ください。夜間・休日やかかりつけ医がいない方などは「府民向け相談窓口」や「新型コロナ受診相談センター」にご相談ください。

5 オミクロン株が主流である間の当該株の特徴を踏まえた今後の対応について(令和4年7月27日以降の対応)

6 大阪府教育庁のHPもご覧ください。

 新型コロナウイルス感染症に係る対応について(大阪府教育委員会HPより)

どうぞよろしくお願いいたします。  校長  (令和4年8月10日更新)